麻将連合μ

麻将連合
麻将連合μ > 選手紹介

選手紹介

麻将連合μに所属するプロ選手です

認定プロ

井出 洋介忍田 幸夫原 浩明木村 和幸柏原 純
須藤 浩高見沢 治幸松井 一義小林 剛三原 孝博
武則 輝海山本 裕司黒澤 耕一郎清水 英二明村 諭
藤原 健城島 清貴三上 龍玲内田 慶草場 とも子
むく 大樹

ツアー選手

1997年度大沢 健二奥屋敷 敬治下出 和洋地野 彰信
1999年度平岡 武広
2001年度貴田 紘太
2002年度地主 琢磨戸構 亮
2003年度石原 真人近藤 國夫井上 忠重
2004年度小田 宏一
2005年度稲毛 千佳子川崎 友広
2006年度大居 大介
2007年度松本 陽子
2008年度橋上 博紀柴原 大造松井 秀成
2010年度雑賀 真紀子
2011年度本田 辰也西坂 昭利西村 揚平
2012年度岩井 茜高井 敏晴
2013年度山本 勝司
2014年度田村 洸岩瀬 航小野 貴史
2015年度渡部 亜実松山 武命小林 宏康
2016年度中出 雄介
2017年度畑 慶行梅村 日奈子佐熊 未来岡本 駿
2017年度中根 健林 大輝

女流ツアー

2005年度中村 ゆたか
2013年度井上 智子
2015年度紺谷 友紀
2016年度廣山美奈子
2017年度岡田 桂小島 たかよ

認定プロ詳細

麻将連合は、麻将連合憲章に賛同した一般と法人の会員から成り立っています。
その中から、プロ競技者を目指し試験に合格したものに、ツアーライセンスが与えられます。
麻将連合(μ)では独自のプロ基準を設けています。
単にマージャンが強いだけではプロとしては認定せず、周囲から求められるプロ像を元に基準を満たした者だけがプロとして認定されます。

条件は次の3つがあります。
1.競技・タイトル戦での強さ
当然のことながらマージャンの強さは必要です。
ただし、強さの評価は競技会やタイトル戦での成績です。

2.専門知識
麻将を普及させることができるだけの専門知識が必要です。
また、アマチュアの質問に対して、納得させる受け答えができないようではいくら強くてもプロとしては失格と言えるでしょう。

3.麻将活動による経済基盤
残念ながら現状のマージャン界では対局料や賞金だけで、生活することはほぼ不可能です。
そこで、何かしらの経済基盤が必要になるわけですが、それが麻将普及活動に関係ないようではプロとはいえないと考えています。
例えば、麻将教室の講師や麻将の原稿書きなど専門家ならではの経済活動。
あるいは麻将とは直接関係のないフリー麻雀店での勤務であっても、そこで大会や競技会を開催し、麻将の世界を普及させることができれば、立派なプロ活動といえるでしょう。
賭けマージャンの勝ち負けが生活に影響しているようでは論外で、それは麻将プロではなく単なるギャンブラーなのです。

※麻将(マージャン)…金銭を賭けないマージャン

ツアー選手詳細

ツアー選手は、μカップ等の対局には出られるが、まだプロ未満であり、今後の対局成績・普及活動等によってプロに認定されることになります。
ツアーライセンス取得審査」を受け合格するとツアー選手の資格を得ることができます。
審査内容は、麻雀問題、一般教養問題、面接、採譜、対局マナー等です。

女流ツアー詳細

「女流ツアー」とは、麻将競技のすばらしさを広める役割を担い、また女性ファンのレベル向上、及び活躍の場を増やすために、専門家として麻将競技の世界の普及・発展を目指し活動する選手です。

年2回、「ツアーライセンス取得審査」と合同で「女流ツアー選手審査」を行い、合格すると「女流ツアー選手」となることができます。
受験資格は、18歳以上の女性μ会員であることです。
審査内容は、筆記試験(点数計算、何マチ、麻将知識、一般教養、小論文)・実技・面接など。
別ページ「ツアーライセンス取得審査」内に詳しい説明がありますので、そちらを参考にしてください。
合格後は、将妃戦等、各対局に参加しながら、競技会や大会のゲスト・原稿執筆・教室講師他、多方面で活動していくことになります。

将妃戦とは、
認定プロ・ツアー選手・女流ツアー選手、どの立場(資格)の女性も参加できる、女性のみによるタイトル戦です。

☆女流ツアー選手になった後に、どのような活動をするかは、各選手次第です。

女流ツアー研修会に参加し力を蓄えてから、ツアーライセンスを取得し、ツアー選手になった選手もいます。
各種メディアで連載を持ちながら(麻雀王国、初級者向けDVD出演など)、大会ゲストもこなし、麻将の世界を広める活動をするなかでツアー選手としての成績を残し、認定プロとなった女流ツアー選手もいます。
女流ツアーの立場から、麻将教室の講師・指導者として、麻将の世界を広める選手もいます。

やる気がある方、共に麻将の世界を創っていきましょう。お待ちしています。